好きなものは好きっていう。

「誰担なの〜?」って聞かれてモゴモゴしちゃう事務所担 Twitter @Pq3rR または @p_xzyx

NEWS遠征に備えて9会場をまとめてみた【キャパ・交通便などを比較】


申し込み開始日から遅れをとってしまったんですけど、
「アリーナの会場系はこれ読めば大体まとまってる」
っていうものを残したかったので、多々不足はあると思いますが……備忘録用の会場まとめブログ書きました。
(※交通費などは全て東京からのものになります)



先日更新したブログ『遠征します宣言』から何度も検討を重ねた結果、遠征会場とホテルと新幹線など全ての項目をひと段落しましたことご報告させて下さい。

あとはチケットだけ〜〜!!(結局それ)


検討中にノートにまとめてみたところ何人かの友達から「読んでみたい」という話が出たのでブログにまとめてスッキリさせてみたけど自分が行こうと悩んでいた所に情報が集中しかたよりがありますこと、お許しください。

ちなみに周辺施設内容が濃いのは静岡と広島と(遠征じゃないけど)東京です…………



【 NEWS 2017 LIVE TOUR 会場・日程 】


私が調べたことは

  1. キャパ
  2. 交通便(夜行バスor新幹線)
  3. 交通便(会場 最寄りから)
  4. 会場の周辺の様子


①北海道
真駒内セキスイハイムアリーナ

キャパ
約11500人

交通便(新幹線or飛行機)
片道:東京→函館駅

  • 新幹線 4時間 約22000円~
  • 飛行機 3時間15約33000円?

交通便(会場 最寄りから)

会場周辺
真駒内駅内にセブンイレブンがある。
アリーナ付近は公園になってるため周辺施設は少ない様子。お昼ご飯や軽食などはホテルや駅など早めに意識して用意した方が良さそう。レジャーシートとか持っていったら外にも座る場所あるのかしら?会場から少し歩くと喫茶店があるけど土地勘がない人は見つけるのは難しそう……

個人的には遠征初心者には
かなり難易度が高い会場というイメージ。


公式HP↓↓↓
http://www.makomanai.com/icearena/




②福岡
マリンメッセ福岡

キャパ
約15000人
交通便(新幹線or夜行バスor飛行機)
片道:東京→福岡

  • 夜行バス 14時間 約7500~22000円
  • 新幹線 5時間 約17000~30000円
  • 飛行機 2時間 約4790~53040円

交通便(会場 最寄りから)
博多駅センタービル前E(88番中央埠頭方面バス)→「国際会議場前 マリンメッセ前(約20分)」230円
会場周辺
もちろん駅内にも駅周辺にもコンビニはあるし、JR博多シティ アミュプラザ博多があるため無印良品やアクセサリーなどの買い物も楽しむことが出来る。「ペンラの電池の購入ができない」事件はあまり起こらなそう。
レストランや居酒屋も沢山あるから時間配分次第で旅行レベルで楽しめそう。個人的にアサヒビールが大好きだから少し移動してしまう事になるけど、アサヒビールの工場見学に行ってみたい(笑)博多=うまいもん食べれるという単純脳の私にはすごく魅力的な会場だし、ホテルも結構数がありそう!!

ジェットスターを使えば交通費もかなり格安なため
初心者も気軽に挑戦できそうな会場というイメージ。
ただ私みたいに飛行機が苦手で国内ならできるだけ乗りたくないって人には考えどころ……(笑)


公式HP↓↓↓
http://www.marinemesse.or.jp/sp/



③宮城
宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

キャパ
約7063人
交通便(新幹線or夜行バス)
片道:東京→仙台

  • 夜行バス 6時間半 約7800円~
  • 新幹線 1時間40分~ 約6090~20000円

交通便(会場 最寄りから)

  • 仙台駅(TBCハウジングステーション前) よりシャトルバス 往復2400円

仙台駅→利府駅(237円)

会場周辺
利府駅や会場に着くまでに私が調べた限りではコンビニは3つ。会場付近はテニスコートやグラウンドがあるため、かなり敷地が壮大で目指す施設によって降りるバス停も違うほど。会場入りしてグッズ買ってから何か行動しようとするには敷地が大きすぎて慣れてないと疲れてしまいそうかも………コンビニや喫茶店などを探すにはグッズに並んだりすることも考えるとお昼ご飯や軽食などはホテルや仙台駅などで早めに意識して用意したり済ます方が良さそう。

キャパは理想中の理想だけど、こちらも遠征初心者には
難易度が高い会場というイメージ。


公式HP↓↓↓
https://www.mspf.jp/grande21/index.php?action=sisetu_shoukai_arena



④静岡
静岡エコパアリーナ

キャパ
約10000人
交通便(新幹線or夜行バス)

利用しやすい主要駅が2つあるからパターン多め

片道:東京→掛川

  • 夜行バス 5時間半 約3000~4000円
  • 新幹線 1時間半 約7900円~

片道:東京→浜松

  • 昼行バス(7:00~18:30発) 5時間半 約3800円~
  • 夜行バス 5時間半 約2000~4000円
  • 新幹線 1時間半 約8000円~
  • 頑張れば電車でもいける……頑張ればいける距離
  • 片道:渋谷 or 新宿→静岡
  • 昼行バス3時間 約2200~2900円

交通便(会場 最寄りから)
愛野駅より徒歩(約15~25分)で愛野駅までは

会場周辺
愛野駅にはサークルKとスーパーがある。
すごい歩きやすい広い道が開けててエコパまで道沿いにファミレスなどは無く、ほぼ何も無いけどコーヒー店があってパンが美味しいらしい。モーニングもあってテイクアウトもできるみたいでパン好きの私にはたまらないご当地パンと巡り会える。札幌から有名になった「ちくわパン」も置いてあるとか!(すごく食べたい)
でも当日は最寄り駅は混むのかな……と考えると浜松か掛川でご飯したりコンビニに寄ってくるのが確実で安心できそう。

掛川でのホテルは南口、食事は北口に集合していて北口から9分まほど歩いた所には「まっすーがコンサートの朝にJrと訪れた掛川城」もあります!!!笑
浜松も食事は北口がメインな様子。掛川よりお店の数は多いので難民になる心配する必要はほぼ無さそう。浜松といえば餃子やうなぎ、お土産売り場も充実しているので観光地というよりも食べ物面で楽しめそう。

ホテルや新幹線の予約が現在の段階で埋まっていたとしても浜松か掛川と2つの移動主要駅の利用があるため選択肢が多いし、まだコンサート当日の分の宿泊予約が始まってないホテルもあるので今からでも遅くない。

予約慣れをしてない遠征初心者でも
比較的、挑戦しやすい会場というイメージ。
(仲良しのオタクのちいちゃんが静岡出身なため妙に詳しく、他の会場に比べ非常に長くなりました(笑))


公式HP↓↓↓
https://www.ecopa.jp/facilities/arena/




⑤大阪
大阪城ホール

キャパ
約16000人
交通便(新幹線or夜行バス)
片道:東京→大阪

  • 夜行バス 約8時間45約1400~3400円

片道:東京→新大阪

  • 新幹線 約2時間半~4時間 約13000~20000円

交通便(会場 最寄りから)
大阪城公園駅より徒歩(約5分)で大阪城公園駅までは

会場周辺
周辺にはコンビニ、マクドナルドなどサクッと食べれたり時間を潰すためのファーストフードも充実。ちなみに『ツイン21』のビルにはパン屋さん、コンビニ、サイゼリヤ、居酒屋などが勢揃いしているよう。遠征してきた人にとっては近くに大阪城があるため心の余裕を持って観光気分も味わえそう。宿泊するならば、別日に道頓堀やUSJに行くのも(体力的にはキツイけど)楽しそう。

コンサートだけでなく旅行も兼ねたい……という
体力有り余る遠征初心者にはうってつけな
大満足&欲張りな会場というイメージ。


公式HP↓↓↓
http://www.osaka-johall.com/




⑥愛知
日本ガイシホール

キャパ
約10000人
交通便(新幹線or夜行バス)
片道:東京→名古屋

  • 夜行バス 約6時間半 約1800円~4000円
  • 新幹線 約1時間半 約10000~15000円

交通便(会場 最寄りから)
笠寺駅より徒歩(約3分)で笠寺駅までは
名古屋駅→笠寺駅(11分)200円
会場周辺
2つのコンビニ(ローソン、サークルK)がある。
ラーメン屋さんやコーヒーショップなどの食事できる場所はガイシホールから結構歩いた所にあり、周辺には商業施設などはないため名古屋駅などで買い物や食事などは済ました方が良さそう。
名古屋駅まで来たら暇つぶしは沢山できる。あの有名な「ナナちゃん」の前でも写真を撮りたいしコメダ珈琲も飲んどきたいし……それでも暇があったら大型本屋さんもあるのでドル誌立ち読みして「うへへ、これから会うんだなぁ♡」ってこともできる。(私のありがちなパターン)
また手羽先、ひつまぶし、味噌カツなどの地元フードがかなり充実しているため大人オタの楽しみは夜にも詰まっていそう(笑)

色々読んでいたら関東勢は何故か初の遠征に選ぶ場所は名古屋になりがちらしい。(わかる) 複雑な乗り換えもないし美味しいもの(つまみ)沢山あるし初遠征を迎える
コンサート後に宴会したい語りたいという大人オタにぴったりな会場というイメージ。


公式HP↓↓↓
http://www.nespa.or.jp/hall/sp/




⑦和歌山
和歌山ビッグホエール

キャパ
約8500人
交通便(新幹線or夜行バス)
片道:東京→和歌山

  • 夜行バス 約9時間半 約4300~7000円
  • 新幹線 約3時間半~ 約14000円~

交通便(会場 最寄りから)
和歌山バス(1番乗り場 新手平経由海南藤白浜orマリーナシティor医大病院行き)→ 「北出島(約5分)」下車すぐ
会場周辺
会場から徒歩5分の所に『和歌山ビック愛内』というコンビニがある。…………だが調べても調べてもこれ以上は絞り出すことは出来なかった。(私かPCに疎いからか?)こちらも会場付近より和歌山駅の方で食事や軽食を買うのが良さそう。和歌山駅にはMIOという商業施設があり、オタクの大好きな100均Seriaもある。コンサート前に100均が近くにあるのと無いのって安心感が違うなって思うのは私だけかもしれないが……

和歌山駅からの会場の移動はわかりやすいと思われるがネットにも周辺情報が余り書かれていないため
こちらもやはり遠征初心者には
時間配分などの難易度が高そうな会場というイメージ。


公式HP↓↓↓
http://www.wakayamasposhin.or.jp/big-whale/




⑧広島
広島グリーンアリーナ

キャパ
約8300人
交通便(新幹線or夜行バス)

  • 夜行バス 約11時間 約4500~17000円
  • 新幹線 約4時間 約14000~25000円

交通便(会場 最寄りから)

会場周辺
たちまち都心紙屋町というものがあって広島の周辺施設のこんな感じの路線図やマップがいくつか掲載されている。
HPでは周辺の食事処や時刻表、施設などの検索もできるため初めての広島でもすっごく便利!!URL→http://kamiyacho-motomachi.com/
昨年までのコンサートに行ったことがある方もきっとこのHPを使われたと思うので、カルテットでMCで話されていた隣の部屋がNEWSファンだった(ますシゲ)ごはん屋さんもこのどこかにあるのかなぁ……と勝手に想像してウハウハした。

HP見れば何とかなりそうだし、ここまで優しければ余裕もって観光もできるし遠征初心者には
かなり挑戦しやすい会場というイメージ。
抜群に初心者に優しい広島だけど、ただ新幹線の割引キャンペーンやセット割が少ないため出遅れた金欠オタには厳しいかもしれない。(小声)


公式HP↓↓↓
http://www.sports-hiroshima.jp/hpsc/




⑨東京
東京ドーム

キャパ
約55000人
交通便(会場 最寄りから)
後楽園駅または水道橋駅からは徒歩9~14分
会場周辺
セブンイレブン、ファミマ、ローソンなどのコンビニは充実。沢山あるため混雑は低めだが、個人的には水道橋駅のドームでない側の方を利用するのがオススメ!
ペンラの電池はドーム付近のコンビニは売り切れてることもあるので道路を渡ってドンキへ行くか思い切って駅方面に戻ってコンビニで買う方が早い。
コンサート後に駅の混雑や友達と話し込んで帰れそうもない……となった時はラクーアの温泉施設が私は好き。温泉、露天風呂、サウナが夜中も利用できるし小腹が空いた時の食事処もある。自分でデザインを選んで館内着も貸し出してもらえる!タオルも!仮眠スペースも充実してるし、夜中になると本来なら追加料金のスペースも開放してもらえることがある(女性のみ利用可)ので沢山人がいるところで眠れない人は夜が更けた頃に有料サウナ施設へ向かうと良い香りの中で静かに眠れる。
ちなみに夜になると開放されるスペースはこんな感じ↑
ベットの前には東京ドームが眺められます。
コンサートの余韻に浸りながらボーーーっと露天風呂に浸かるのは最高なので是非オススメしたい(熱弁)

公式HP↓↓↓
https://www.tokyo-dome.co.jp/


東京ドームは関東在住の場合、遠征ではありませんが今回は比較対象として記録させて頂きました(笑)





すご〜く長くなってしまったのですが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。このブログがほーーーーんのちょっとでもお役に立てたら嬉しいです(笑)



目を通してくださったNEWSファンの皆さん補足です。
《申し込みに願掛けする方へ》
大安は1月152127 最後は2月1日です!!!
そして申込締切は2月1日です!!!

願掛けなんてさぁ〜とか言いながらも私は毎回大安を狙って申し込みに行ってます。まあ普通に外れるんですけどね!!(笑) あくまで気休めです!!!(号泣)
当落の不安が今年もこれから始まりますが負けないで頑張りましょうねっ{{ (>_<) }}笑 春からのツアー思う存分に楽しめますように祈りましょう!!笑


そしてNEWS以外のグループのコンサートなどもこれらの会場が使われると思います。役立てる内容になっているかはわかりませんが、現場が決まってから再度このブログを読み返して頂けたら嬉しいです(笑)

NEWSファン以外のジャニオタの皆さんにも2017年に楽しい素敵な現場が待ってますように!