読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きっていう。

「誰担なの〜?」って聞かれてモゴモゴしちゃう事務所担 Twitter @Pq3rR

私のいとこくん(9)が急にジャニーズに興味出し始めた話

ジャニーズ ふつうの私の記録

題名のまんまなのですが只今私は実に困惑しています。ただの私情記事になります。いとこの太郎(仮)が突然ジャニーズに興味を持ち始めた。


「ね〜もし僕がジャニーズだったら嬉しい?」

「えっと……?私の聞き間違いじゃなかったら、たろちゃん今ジャニーズって言った……??」


ご存知の方もいるだろうが我が親戚はジャニーズ好き率が非常に高い。ファンやオタクまではいかなくても女性陣は大体推しが存在している。普段から耳にする機会が多いのは事実だがまさか私の可愛い可愛い太郎ちゃんからジャニーズという言葉が出るとは思わなかった。

たろちゃんの前では一緒にテレビを見ていて「かっこいいね♡?」と言うくらいで比較的にジャニーズの話はしないように意識していたつもりだった。だから突然ジャニーズというワードを出されたことに私は動揺した。



「たろちゃん、ジャニーズ好きなの?」

「だって〇〇ちゃん好きなんでしょ?だから僕も好き。」



やばい…………たろちゃん何それ可愛い…………
そこから名前が分からないたろちゃんが出題する誰が好きかクイズが始まった。(みなさんも良ければ一緒に考えてみてください)



「それに好きだもん忍者」


誰だろ誰だろ忍者って〜〜!!!ワクワク


「白くてちっちゃくて僕くらいの忍者」

え、そんなのジャニーズいた?笑
たろちゃんは昔から寅さんとか古い時代ものとか好きな人間で、きっとこれは普通の番組のことを言ってないのは確かである。小学生のJrなんて分かんないよ!!笑


「おばあちゃんが好きなの、その子のこと」



!!!!!!!!!!!!!

!!!!!!!!!!!!!


「僕みたいに小さい仕事人なの、かっこいい!」


画像見せると目をキラキラさせて頷くたろちゃん。
ごめんけど小学生じゃないよ20代だよ……と伝えると「ちょう年上じゃん大人じゃん」なんてショックを隠しきれない様子でした(笑)



そしてたろちゃんは私を見つめながら質問をする。
「ジャニーズには普通の人間はなれないよって、この人ママに言われたけど人間じゃないの?」


叔母さんwwww


「ちねんくんは天使さんだよ〜?」

すかさず口を出す私の母にたろちゃんは理解不能そうであった。とりあえず来年はコンサートに一緒に行こうという話になり話は終わった。







ここからが私の本題。長くなってもここまでお付き合い頂いている方ありがとうございます。もし目を通して頂けるのなら聞いて欲しい話があります。



2人で将棋して遊んでいるとコソッと

「ジャニーズってどうしたらなれるの?」
「僕がジャニーズに入ったら嬉しい?」



正直かなりの衝撃だった。身内にそんなの言われるなんて考えたことなかった。もちろん彼はきっと本気ではないが何と答えて良いのか分からなかった。



入る入らないの前にもしも身内がジャニーズに入ったらという妄想を少なからず脳内を巡った。




私は……無理だった。

正直私にとってジャニーズはファンタジーでいて欲しい。人間としての彼等へ執着を持ってる訳では無くアイドルの彼等が好きな私は例え身内が異常にかっこよかったとしても入らないで欲しいという気持ちがあることが分かった。

オタクの世界では中には「近づきたい」「知り合いになりたい」「付き合いたい」そういう気持ちを持ってる人も沢山いると思うし私はそれを否定しないが少なからず私は『彼らの現実を受け入れられない側』の人間なのかもしれない。



私のいとこは抜群にかっこいい訳では無いし絶対に芸能界に入る事は無いとは思うが身内がジャニーズや芸能界に入り知らない人にキャーキャー言われている人がこの世界に存在しているって不思議なことだし、そのことを受け入れている家族って凄いな……ジャニーズにしてくれて有難いな……と思いました。




皆さんはどう思いますか?

自分の息子が、孫が、いとこが、兄弟が…………





こんなつまらない私情記事を読んでくださってありがとうございました。