読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものは好きっていう。

「誰担なの〜?」って聞かれてモゴモゴしちゃう事務所担 Twitter @Pq3rR

はじめに

ジャニーズ

 

こんにちは!!

まずは自己紹介からということで…

 

 

そうですね〜

 

とりあえず私はジャニオタです。(そのまんま)

現在ピッチピチの2X歳です。

 

超DDです。いわゆる事務所担ってやつです。

最近はHey!Say!JUMPやNEWSを主に活動しているかもしれません。でもJrにも沸きます。

 

 

「私が何故ジャニオタなのか?きっかけは?」

 

今思えば、物心ついた頃には既にジャニオタでした。

 

 

今思えば、と表記した理由は自分がジャニオタであることを理解したのが高校生の時だったからです(笑)

 

 

私の生活は物心ついた頃からジャニーズと共にあり私にとって、それは当たり前の事で。周りに確認しなくても、周りの家庭もそうだろう!と本気で思っていたからです。

 

私の家では母がジャニオタ(これまたDD)だったため、ジャニーズの映像が常日頃から流れていました。

小さかった私は「おか〇さんといっしょ」などの教育番組のようにYa-Ya-yahを見ていました。初めて私がカッコイイと言った相手も幼稚園で人気な男の子ではなく永遠の王子様タッキーだったらしいです。

 

 

 

高校生3年生の時『小さい頃見ていた懐かしい番組』の話題になった時に真っ先に私の口から出たYa-Ya-yahは誰も知りませんでした。

 

私 「え、Ya-Ya-yahで誰が好き〜♡とか無かった?」

友達の反応はご想像に任せます。

 

最後の念押しで少年倶楽部は見ているか、『やぶひか』という伝説のシンメを知ってるか、確認しました。

 

 

誰も見ていませんでした。誰も知りませんでした。

 

 

 

焦りと違和感、そして電流が走ったような感覚

 

「ああ、私ってジャニオタなんだな」

 

こうして18歳になってようやく気付いたんですね。

 

家に沢山のグループのコンサートDVDがある事実がありながらも疑いもしなかった私は今思えば、かなりの馬鹿ですよね(笑)

 

私はこうして自分自身を認め、今では楽しく母と一緒にこの沼でオタクとして生息しています。

 

 

 

自己紹介を踏まえて私のジャニオタのきっかけを少しお話させて頂きました。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今後共どうぞお手柔らかによろしくお願いします。